現金比率と年齢について

 

 前提

 

インターネットで投資家さんたちのブログを見ていると、『現金比率=年齢(%)』

 

という法則を見つけました。

 

年齢が上がるにしたがって現金をたくさん持ちましょうということなのでしょう。

 

逆に若い世代は貯金ではなく投資に回してリスクをとっても、仕事ができる体もあるし暴落が起きてもリカバリーできるだけの時間がある。

 

ということみたいです。

 

 

 

 

 

最近はネット銀行やネット証券が増えて

自分が死んだときに、どこにどれだけの試算があるのかわかりにくい世の中になっています。

 

 

自分が死んだときのために、資産のありかをまとめた一覧表は作りたいなと思っています。

 

詳細は家族に知らせるとして、私の全資産を洗い出してみることにしました。

 

 

 

結果

2022年6月現在

証券76%

現金24%

 

でした。(笑)ちょっと攻めすぎですね。

まとめ

いかがでしょうか?みなさんの現金比率は年齢と比べまて高めですか?低めですか?

これが正解とは思いませんし、人それぞれ価値観が異なります。

ただ、誰か偉い人が編み出した法則なんだろうから一度比較してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA