【e5489専用】サイコロきっぷ

 

 

 

JR西日本でサイコロきっぷなるものが販売されるとのことです。

大阪市内から出発で最長博多駅までがなんと往復5000円でという切符。

詳細はこちら

発地 着地 人員区分 おねだん 有効期限 経由 途中下車
可能駅
大阪市内 芦原温泉 おとな 5,000 3日間 湖西線経由 福井
大阪市内 餘部 おとな 5,000 3日間 福知山線または
播但線経由
城崎温泉
大阪市内 東舞鶴 おとな 5,000 3日間 山陰本線経由 西舞鶴
大阪市内 白浜 おとな 5,000 3日間
大阪市内 倉敷 おとな 5,000 3日間 岡山
大阪市内 尾道 おとな 5,000 3日間
大阪市内 博多(福岡県) おとな 5,000 3日間

※こどもの設定はありません。

※上記おねだんは、1名様あたりのエントリー代+「サイコロきっぷ」の合計額です。

大阪駅から博多駅が新幹線なしでも約1万円かかることを考えると非常にお得ですね。
ただ子供の設定が無いということなので、大人だけか電車代がいらない未就学児連れの親子ならさらにお得ですね。
以下公式HPより詳細です。

発売条件

〔エントリーを開始する ※有料です〕

「サイコロきっぷ」専用ページより、エントリーいただけます。

※エントリー代は1名様あたり4,500円となります(エントリー回数は2回までです)

※エントリー代はJR西日本ネット予約「e5489」でクレジットカードにより決済を行います。

※エントリー後のキャンセルはできません。

※1名~6名様までエントリー可能です(料金は人数分必要です)。

※2回目のエントリーは、7月30日(土)から開始します。

〔サイコロを振る〕

エントリー後、メールアドレスに届いたURLをクリックし、WESTERアプリでサイコロを振って着地(旅先)を決定。

〔「サイコロきっぷ」を購入する〕

エントリー完了後、「サイコロきっぷ」が購入できるようになると会員サポートトップ「お知らせ」に表示されます。※会員サポートトップに表示された数日後にはメールでもお知らせします。

JR西日本ネット予約「e5489」で「サイコロきっぷ」をお買い求めください。

※「サイコロきっぷ」の購入には、1名様あたり500円が必要です。

※JR西日本ネット予約「e5489」でクレジットカードにより決済を行います。

※エントリー後の人数追加・変更はできません。

エントリー方法や方面の確率等、詳しくはサイコロきっぷ専用ページhttps://www.jr-odekake.net/aotabi/feature/dice/をご覧ください。


【発売単位】

1名様から6名様まで購入・利用いただけます。

こどもの設定はありません。


【他の割引との重複適用】

乗継割引の適用や各種割引証による割引の取扱いはいたしません。


【その他】

e5489での予約にはJ-WESTネット会員登録が必要です。

e5489でのお申込み方法、お支払い方法やお受け取り方法について詳しくは、JR西日本ホームページ「おでかけネット」内の「e5489ご利用ガイド」ページをご覧ください。

「ゆき券」「かえり券」「きっぷのご案内」をセットで発売します。

きっぷの効力

「サイコロきっぷ」は券面金額(500円)とエントリー代(4,500円)を含めた合計額5,000円として取扱います。

必ず予約したきっぷをお受取りのうえ、ご利用ください(有効期間開始日までにお受取りください)。受け取らずにご乗車された場合は、別途、乗車区間に必要な運賃・料金をお支払いいただきます。

次に定める途中下車可能駅以外の途中駅で下車された場合は前途無効となります。


【途中下車可能駅】

・芦原温泉の場合:福井駅のみ

・餘部の場合:城崎温泉駅のみ

・東舞鶴の場合:西舞鶴駅のみ

・倉敷の場合:岡山駅のみ

※「ゆき」「かえり」とも途中下車は可能です。

※新幹線や特急列車を利用できる区間は、改札を出ることな2列車以上乗り継ぐ場合を除き、1回に限ります。2列車以上乗り継ぐ特急列車は営業規則第57条に定められた区間に限ります。

(例1)「ゆき」に福井駅で途中下車し芦原温泉駅まで、「かえり」に大阪駅まで利用する場合

「ゆき」:大阪~福井(特急列車普通車指定席)、福井~芦原温泉(普通列車)

「かえり」:芦原温泉~大阪(特急列車普通車指定席)

(例2)「ゆき」に芦原温泉駅まで利用し、「かえり」に福井駅で途中下車する場合

「ゆき」:大阪~芦原温泉(特急列車普通車指定席)

「かえり」:芦原温泉~福井(普通列車)、福井~大阪(特急列車普通車指定席)

指定列車以外は快速・普通列車の普通車自由席のみご利用いただけます。特急列車等をご利用される場合は、別途運賃・料金が必要です。

「ゆき」券は未使用の「かえり」券を伴っている場合に限り有効です。

有効期間の最終日に乗車する列車が翌日にまたがる場合は、その列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで乗車できます。

座席の指定

【指定券の交付】

購入時にお客様自らの操作で座席(往復タイプの場合はゆき・かえりの両方)をご指定ください。


【希望列車が満席の場合の取り扱い】

【座席の指定を受けなかった場合または指定列車の出発時刻以前に他の列車で旅行開始した場合】

【希望列車が満席の場合の取り扱い】

希望列車が満席の場合(きっぷの発売枚数に達した場合を含む)は発売いたしません。


【指定列車の出発時刻以前に他の列車で旅行開始した場合】

自由席(全車指定席の場合は立席)を含めご乗車になれません。ご乗車には、別途乗車区間に対する乗車券・料金券の購入が必要です。なお、不使用証明を受けた原券は、発売箇所・きっぷの受取箇所のうち、みどりの窓口・みどりの券売機プラス(オペレーター対応)で無手数料にて払いもどしを行います。


【指定列車に乗り遅れた場合】

きっぷの有効期間内は乗車券部分のみ有効となり、特急列車等に乗車する場合は別に特急券等該当する料金券の購入が必要です。

ただし、指定券に表示された乗車日の当日に、運輸上支障がないと認められる場合に限って、利用できる対象列車の普通車自由席(全車指定の場合は立席)に乗車できます。

変更の取り扱い

【使用開始前の取扱い】

①きっぷの受け取り前の場合

予約されている行程で最初に出発する指定列車の出発時刻前(座席を指定していない場合、または予約されている行程で最初に出発する指定列車が有効期間開始日翌日以降に出発する場合は、有効期間開始日当日のe5489での予約・変更・払いもどし可能時間まで)かつ初回予約から3ヶ月後の同一日の前日(3ヶ月後に同一日が無い場合は、3ヶ月後の末日)までの有効期間開始日であり、取扱いできる範囲内であれば、e5489にて有効期間開始日、指定列車の変更ができます。ただし、e5489での指定席の予約・追加・変更が可能な操作回数は、予約1件につき計28回(1列車分の予約・追加・変更について1回カウント)までで、28回を超えて指定席を追加・変更することはできません。

利用区間の変更はできません。

②きっぷの受け取り後の場合

お客様自らの操作では変更できません。きっぷの受取箇所のうち、みどりの窓口・みどりの券売機プラス(オペレーター対応)で取扱います。

有効期間開始日、利用区間の変更はできません。

指定列車の変更は指定列車の出発時刻前で1回に限り、有効期間内に出発する発売可能な他の列車へ変更できます(餘部駅は「みどりの窓口」がありませんので、変更の際にはご注意ください)。

他の乗車券類への変更はいたしません。


【使用開始後の取扱い】

乗り越し、方向変更、経路変更などの区間変更の取扱いはできません。別途乗車として取扱います。

特殊な取り扱い

【きっぷをなくされた場合の取扱い】

紛失された場合でも再発行の取扱いはいたしません。

興味ある人は利用しておきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA