【DWEは正規より中古?】誰も教えてくれなかったディズニー英語システムの実際

先日知育ママ主催のクリスマスパーティーに参加させてもらいました。

普段DWEの教材を使っているけど、

 

「みんなはどうしているんだろう?」

「我が家のやり方はあってるのかな?」

など不安に思うこともあります。

 

今日はウェブでは公開されていないような、ママたちの本音やお悩みを紹介したいと思います。

 

それは・・・

「中古にすればよかった」

 

正規会員ママさんたちが言ってました。

 

もちろん全員とは言いませんが。

 

もちろんDWEの教材は質が高く、人にオススメしたい!と思う人が多いのも納得ができます。

 

その一方で教材費、イベント参加費、そして会員費などの金銭的負担も大きいです。

 

もちろん今の日本の義務教育だけで全員英語が使えるようになるとは思いませんし、いわゆる英会話スクールに通わせたりするよりも、幼いときからおうち英語で日常に取り入れる方が効果が高いような気もします。

 

(英会話スクールの費用は積み重ねるとDWEの教材費と同じくらいになってしまうかもしれませんね。)

 

なので各費用を正規会員として支払ったとしても、ぶっちゃけそれほど損をしているという感じにはならないかもしれません。

 

 

中古教材にすれば良かったと思う理由

以下が私が思ったり、聞いたりしたことですね。

 

・子どもが教材を使ってくれないときに、親がイライラしてしまう

・教材は意外と壊れないし破れない

・内容が変わらない

 

 

それでは1つずつ見てみまししょう。

・子どもが教材を使ってくれないときに、親がイライラしてしまう

せっかく高額な教材を購入したのに、使ってくれなかったときには・・・・

 

気持ちは非常によくわかります。

 

やはりコスパを考えてしまうと意地でも使って欲しくなりますよね。

 

経済的負担以外にも、親の心の安定のために教材は安い方が良さそうです。

 

・教材は意外と壊れないし破れない

 

正規会員になると、教材の補償サービスが受けられます。

 

確かに子どもが使うものですから、おもちゃ(タッチペンやトークアロングの本体)や本が壊れてしまうこともあるでしょう。

 

我が家にも中古でほぼフルセットで教材がありますが、そりゃまぁひどい扱いを受けています(←教材目線(笑))

 

0歳のときにはおもちゃをナメナメ

1歳ではかじる

2歳では投げる

 

他にもタッチペンを正しく使えるようになったとしても、本にガンガン叩きつける

 

我が家だけ?ではないと信じたい(笑)

 

本は最初は上手にめくれなかったり

めくれるようになったら高速でめくったり

 

もちろん破れたり折り目がついたり

 

破れたところは梱包用の透明なテープとかを貼って修復していますが、折り目がついた方がめくりやすいし良いかなーとポジティブに考えています。

 

ちなみにメインのブック12冊については0歳の段階で中古3セット購入しました(笑)

いや、どうせ破るだろうし!とか思ったけど、実際はまだ1セット目しか使っていません。

 

余談ですがクローゼットの肥やしになっているので、1セットは人に譲りました。

 

Fun with wordsなどのタッチペンの系統は1セットしかありませんが(←普通か!)

こちらはちょっと破れているので修正しています。

 

タッチペンが反応する部分に補修用のテープを貼っても良いものか?とも思いましたが、以前と同様に反応してくれています。

 

むしろこのテープを貼ったほうが本が強くなって良いです。

 

CDやDVDは子どもには触らせていませんが、親の私ですらその本体を取り出すことはそんなにないので、単純に経年劣化のみです。

 

もう少し大きくなったら自分でCDをセットして・・・

 

とかそういうことにはならないでしょうね(笑)

 

この令和の時代ですから。

 

なんならDWE公式がYou Tubeでサンプル動画を配信してますよね。

 

いずれは配信などに以降されていく気もします。

 

アマゾンでキッズ用のタブレットが販売されているように、大人向けよりも衝撃に強い端末とかの購入も考えられますね。

 

大人でもタブレットにコーヒーをこぼしたり(←私だけ?)壊してしまうこともあります。

 

少し話が逸れましたが、DWEの補償制度は確かにありがたいですが、中古ユーザーは壊れたものだけを買い直せば良いですね。

 

・内容が変わらない

 

各種教材が日進月歩を進める中、DWEの教材は約40年前から内容が変わらず同じとのことです。

 

数年前に教材がリニューアルしたというのも話題になりましたが、お勉強する単語や文法、お話の流れなどに大幅な変化はなく、タッチペンを使えるところが増えたり、絵がきれいになったり、時代の変化に合わせたマイナーチェンジくらい。

 

つまり最新版でも40年前のものでも学べることはほぼ同じという訳です。

 

英語を使う!

それを目標にするならわざわざその内容を変える必要はないですよね。

 

最新版じゃないと学べない内容があるという訳ではありませんので、その点も中古教材ををオススメできる理由の一つです。

 

まとめ

 

インターネット上で公開されているDWE紹介ブログは、ディズニー英語システムのアフィリエイト広告を掲載し、収入を得ているものが多いです。

 

つまりDWEから広告費を受け取っています。そのため、サンプル申込みなど商品購入に誘導されがちですね。

 

サンプル申込みをしても各家庭にあった選択ができれば良いのですが。

上手に勧められるとなかなか断れなかったり。

新品、中古のメリットデメリットの比較ができなかったり。

 

この記事が読むことで、皆さんの後悔がひとつでも減りますように。

コメントを残す

CAPTCHA